人工乳腺法



人工乳腺法とは、人工乳腺と呼ばれる豊胸バックを胸部に挿入し、バストを大きく美しくする豊胸術です。現在行われている豊胸手術のほとんどは人工乳腺法になります。バックを挿入するには、ワキの下のシワに沿って、目立たない部分を最小限切開し、挿入します。手術直後は若干の傷痕が残りますが、時間がたてば自然に目立たなくなります。人工乳腺として利用されるバックには、安全で形がよく感触が柔らかで自然であることが求められます。
戻るトップページ

美容整形information
豊胸(バストアップ)

サイトマップ