切開法



切開法とは、希望のラインに沿ってまぶたを切開して、余分の脂肪や皮膚を取り除いて、 縫合を行い二重まぶたを作る方法です。切開法の長所としては、二重のデザインの自由度が高くラインが取れる可能性はほとんどないという点があげられます。短所としては、術後の腫れや不自然さが1〜2週間ほど続くということ、それから目立たなくはなりますが傷跡が残ることです。
戻るトップページ

美容整形information
二重まぶた

サイトマップ