眼瞼下垂



眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、まぶたを上げる筋肉がゆるんで弱くなり、まぶたが下がって目が開けにくくなってしまう状態を言います。

眼瞼下垂になると、眉の上の筋肉(前頭筋)で目を開けるため、額にシワができてしまったり、肩こりなどを引き起こしてしまうなどの弊害もあります。

眼瞼下垂には先天性のものと後天性のものがあり、後天性の原因として考えられるのが老化による筋肉の衰えと長期間のコンタクトの使用による弊害などが上げられます。

眼瞼下垂の手術法は通常、眼瞼挙筋短縮法(挙筋短縮法)という方法を採用します。眼瞼挙筋短縮法(挙筋短縮法)は伸びて弱まってしまった眼瞼挙筋を切り縫合することにより筋肉の働きを強くする治療法です。
戻るトップページ

美容整形information
目もと

サイトマップ